冬キャンプ用のシュラフ選びで悩む

まだ梅雨も明けていないのに冬にキャンプ行くことを妄想中。3月下旬の奥多摩は中国製の-10度くらいまでオッケーのシュラフを使ってみたけど明け方は肩を中心に寒かった。できれば今年は一番寒そうな2月以外はキャンプに行きたいのでモンベルなりナンガなりのシュラフを買おうか調べていると、冬の奥多摩でもモンベルならダウンハガー800#1であれば十分対応できそうなんだけど、お値段4万円とお高め。イスカもair700SLで4万円、ナンガは600DXってのが対象となりそうだけど5万円。これらはほとんど値引きされないのでyahooショッピングの20%ポイント還元を使えばそれなりに安くはなるけど・・・。

一応パンダテントのスタンダードインナーを購入したからメッシュインナーの前回よりかは少しましになっている、はず。なのでとりあえずシュラフの中にもう少し着込み、そしてマット変更で対応しようかな。現在は中国製2000円くらいの空気で膨らますマット。これはこれで問題ないけど、寒さ対策としてはどうなんだろうか。本当ならコットを購入したいけどヘリノックスのコットはモンベルのシュラフと同じくらいの値段がするし、バックパックキャンプには大きさ重さの制限的に厳しい。そこで評価の高いサーマレストのマットにしようかと思うけどこちらも携帯性に関しては微妙なところ。

予算の都合でまずはサーマレストマットと着込む方向で行こうと思う。この前は確か上はフリース着ていただけでダウンジャケットは着ていなかったから。寝るときにダウンジャケット着ていると苦しそうだけど。で思ったんだけどやっぱり一番初めにケチらずにシュラフは良い物を買っておけばよかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る