東京オリンピックのエンブレム問題は結局、佐野さんの力量が足りなかったということと選んだ審査員が悪いんじゃない?

一応、責任逃れの一文として書いておきますが、僕はデザインなんてさっぱり分からないずぶの素人です。そんなずぶの素人の駄文なので、素人が文句言うなと言う人はさっさと帰ったほうがいいです。

東京オリンピックのエンブレムの問題は沈静化するどころか色々と延焼していますが、根本的な問題は佐野研二郎さんの力量が足りなく、選考委員会の審美眼がダメダメだけって話ではないのでしょうか。

ここまで盛り上がる理由としては3つあると思います。

1、新国立競技場の問題が先にあった

2、オリンピック招致用のエンブレムがそのまま使われると思っていた

3、エンブレムがダサかった

この3つがなければここまで炎上することはなかったような気がします。

まず1番目として新国立競技場の問題でオリンピックにお金を掛けることはできないと言う雰囲気になってきたことが挙げられます。2番にもかかわることですが、なんで新しいエンブレムなんか作る必要があるのか、余計な金を使うな、と言った空気が作られてしまいました。

2番目はオリンピックエンブレムの発表が唐突だったこと。もちろん事前に決まっていたことでしょうが、新国立競技場の問題がまだくすぶっている中、2020年東京オリンピックのエンブレムが発表されました。これは多くの人がポカーンとしたと思います。あの、招致ロゴがそのまま2020年の東京オリンピックにも使われると思っている人が多かったはず。なんでわざわざ変える必要があったんだと思った人も多いでしょう。

そして3番目。佐野さんがデザインした東京オリンピックのエンブレムがダサかったと言うこと。ダサいと言う言い方は適切ではないですけど、ようは多くの人が「このエンブレムはなんかいやだ」と感じたことが問題です。肯定的な意見は発表当時からあまり見受けられませんでした。

この3つが原因となって今の炎上があると思います。もし新国立競技場の問題がなくオリンピックの負の話題が盛り上がらず、2020年のオリンピックに向けて新しいエンブレムを作成しているとしっかりと広報し、ある程度受け入れられるエンブレムが出来上がっていれば、パクリとは言われずオマージュくらいで済んだ話題だったと思います。

多くの人は自分が認めたものを否定するのは嫌なことですから。今のエンブレムは多くの人が否定的な気持ちを持っている中で、似たようなデザインが出てきたからパクリだと言われているんだと思います。

まあ、結局のところ佐野さんがもっと受けのいいデザインを出し、選考委員会も多くの人に受け入れてもらえるデザインを選べば良かっただけなんですけど、何と言っても後の祭りですもんね。

個人的な意見としてはさっさと佐野さんのエンブレムを引っ込めて、招致のエンブレムを流用すればいいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る