個人賠償保険って天災では使えない?

先週末に大きな被害をもたらした台風15号。私も実家が千葉県にありそれなりに被害を受けました。まだ停電も続き、家屋に被害があった方も多いと思います。一刻も早く今までの生活が取り戻せるようお祈り申し上げます。

さて、復興は少しずつかもしれませんが進んでいきます。私の実家も幸いなことに大きな被害はなく、屋根瓦が落ちた部分をブルーシートで覆うことができれば生活はできそうな感じです。

ただ落ちた屋根瓦がお隣さんの車を傷つけてしまいました。自分の車であれば気は楽なのですが相手がいるとなるとちょっと気が重いです。相手の方はこんな状態だしすぐには無理だろうから修理はいつでもいいですよと言ってくれました。

問題は車の修理費用です。まずは火災保険の会社に確認したらあくまでも自分の家の修理には火災保険は使えるけど他人は無理。じゃあ、個人賠償保険は使えないかと調べてみると天災の場合は使えないと言うことでした。どういうことかと言うと天災の場合は損賠賠償の責任を負う必要が無いためということです。つまり損害賠償責任がないのだから損害賠償を補償する必要はないと言うことみたいです。

ただし使える保険もあります。それは何かと言えばお隣さんがかけている自動車保険です。この自動車保険に車両保険を付けていればそちらの保険を使ってもらうことで費用が補償されます。とは言え免責金額があったり、事故ではなくても保険を使ってしまったら等級が1年間下がってしまうのでその期間は保険料も高くなるというデメリットも。

とは言え、お隣さんとの関係を考えると「天災だから今回の修理は私たちが補償する必要が無いんですよ」とはさすがに言いにくいです。ある程度はこちらも負担するのがいいとは思いますが、こちらも天災で被害を受けているのでなんとも釈然としないと言うかもやもやします。

今後似たような天災も起こることが考えられるのでこういった天災で他人に損害を与えた場合でも補償されるような保険を探してみようと思いますがネットで調べている限りではやはり天災は損害賠償の責任を負わないと言うことが基本となっているみたいですね。

今回の台風を含め過去の自然災害でも同様な事例が多くあると思いますが皆さんお隣さんとの関係も含めてどうしているのでしょうか。

なにかいい保険があるといいんですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る