結局、サントリーの天然水&ヨーグリーナは売れたのか?

先週、話題になったサントリーの天然水&ヨーグリーナ。販売後すぐに生産中止が発表され、品薄商法なんじゃないかとWEBを中心に炎上し、一般のメディアにもさまざまな意見が掲載されていました。中止が発表されてからもヨーグリーナ自体は棚に大量に陳列されていたため、余計にサントリーの発表が本当だったのかが疑われていたような状況です。

僕もこれは品薄商法だろうって思ってました。そもそもレモンジーナほどネットでは話題になってなかったし。実際に売れ残ってるのをこの目で見てましたからね。で、いつものようにPOSデータを見てみると・・・。売れていやがる!サントリーの天然水&ヨーグリーナが売れている!

http://www2.fgn.jp/mpac/_data/2/?b=18

Mpac マーケティング情報パック

飲料部門全体で1位でした。これがどれほど売れているのか、品切れになるほどなのかはよく分かりませんが、ある一定のコンビニPOS情報によると1位という結果みたいですね。僕も金曜あたりからコンビニに寄るごとにヨーグリーナが棚に並んでいるのか見ていたのですが、ほとんどのコンビニで棚にはありませんでした。

これはサントリーさんにごめんなさいしなければなりません。しかし、流通と言うのは本当に難しいもんなんですね。あ、でもまた性懲りもなく予想しますが、サントリーの天然水&ヨーグリーナは定番商品にはなりえないと思いますよ。飲んだ人の感想を見ると、ピルクル(コンビニで売ってる500ml紙パックのヤクルトのような味の乳酸菌飲料、関東だけかも)を薄めたような味だとか、あまり味的には好印象と言った感じではないみたい。まあ、僕は飲んでいないんで分かりませんけど。

もしかしたらPEPSIのキュウリ味やらのゲテモノ系と同じ感じで、一回こっきりの売り切りなのかもしれません。でもTVでもCMやってたみたいだし、相当宣伝に金は掛けているような気もするんだよなー。実際これからサントリーの天然水&ヨーグリーナが定番商品になるのか気になるところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る