さすがにGunosyのこのインタビューはまずいでしょ

ニュースアプリは基本的に儲からないと思っていて、スマートニュースやニュースピックス、そしてグノシーはこの先どうなるのか非常に気なっているのですが、東洋経済オンラインにめちゃくちゃ面白インタビューが載っていました。

グノシー、「数年後にはドローン飛ばします」

──何でもやる、というふうにも聞こえてしまいますが、ほかに関心のある領域はありますか。

検討している分野はたくさんあります。今から携帯電話をやろうとしても正直、難しいと思うのですが、ドローン(無人ヘリコプター)などは必ずこれから伸びるので絶対にやっていきたい。今はニュースの会社とみられていますが、欲しい情報を欲しいときに欲しい人に届けるというのが、グノシーの目指していること。ハードウエアが届ける情報というものもあるわけです。タイミングをみて参入したいと思っています。

http://toyokeizai.net/articles/-/59011

まあ、タイトルの付け方があれな感じですが、実際にそう答えているところがまたすごい。まだ本業でのマネタイズも非常に怪しいところなのに、とりぜず興味あるところには何でも首突っ込みます!と言いきっているところが非常に非常に不安な感じになります。

一応記事には昨年発表したプラットフォーム構想が語られていますが、とりあえず広告打ってユーザー増やしますくらいのことしか見えてこない。ユーザー増やせばなんとかなるはずくらいの計画しかないんじゃないのかな。そうすれば構築したプラットフォーム使って広告売って・・・とかマネタイズに関しては広告だけのような気がする。1pv1円ってのも何の根拠もなさそうだし、Gunosyにコンテンツ提供する側はしっかりとこの辺確認しておいたほうがいいんじゃないかと。とりあえず1pv1円で釣られたけど結局なにもお金が支払われませんでした、なんてことになったら目も当てられません。今後始める動画広告が果たしてどんなものなのか。フィードに動画広告挟むだけなんてことにはならないと思いたいですけどね。

全体的に非常にふわっとしたインタビューになっていて、もしGunosyに投資なんかしていたら非常に不安になること請け合いです。まあ、Gunosyの中の人の大変さはお察しするところではありますけど・・・。

一度グノシーに出資した人に話聞いてみたいですね。なんで出資したの?って。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る