10月は有給休暇取得推進期間みたいです

社長だし従業員もいないのであんまり関係ないけど、10月は有給休暇取得推進期間みたいです。月間じゃないのか・・・。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/sokushin/index.html

まあ、そんなこと言っても取りやすい業種とか、取りやすい会社とか色々あるんでいくら厚生労働省が旗を振ってもなかなか難しいところですよね。

私もサラリーマンだったころは有給がたまりまくって40日とかになって結局使い切れずに切り捨てられ、会社やめる時に一気に消化した感じです。

有給をとってもらうことは会社にとっても色々とメリットがあるのは確かだと思うんです。やっぱり気分転換とかしたいですし。モチベーションを維持するためにも必要ですよねー。

でも実際問題従業員の数が少ないところだと取りづらいんですよね。根本的に仕事が回らなくなるとか。もちろんそこをどうにかするのがマネジメントなんでしょうけど、ぎりぎりいっぱいのところも多いはず。

残業代なんかもそうなんでしょうけど、根本的な解決策ってあまりないような。もちろんお金があれば残業代も出してあげたいって社長さん多いんでしょうけどね。

じゃあ、助成金出そうとか補助金出そうとかって話になると、不正に補助金を取得する企業とか、そういった補助金の申請コンサルタントとか怪しげな方たちも出てくるわけで。

しっかり利益が出るように仕事をまわして、従業員の数に余裕が出て、だれが有給とっても問題なく仕事が回せるようになんとか景気を回復、とくに中小企業へお金が回るようにしないといけないのかなー。

もし、自分の会社でも従業員が雇えるようになったらしっかり有給をとってもらえるような会社にしたいです。ほとんどの社長さんはそう考えてると思いますけどね。だから結局啓蒙活動する金があるなら、中小企業が利益出せるようなことにお金使ってほしいと思うのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る