大企業が賃上げしちゃったらダメなんじゃないのと言う話

Yahooのトップニュースにみずほ銀行が今年2回目となる賃上げなんてニュースが流れたり、安倍首相が「毎年の賃上げを」と言ってみたりと労働者の賃金を上げるために色々とやってますね。まあ、それ自体はいいことなんじゃないのかなと思いますが、大企業が賃上げする前に出入り業者とかにしっかり支払いをする方がいいのではないでしょうか。

大企業は基本的に体力もありますし、なにかあれば銀行や場合によっては国がなんとかしてくれます。でも中小企業はそういうわけにはいきません。お金がなくなったら基本的には倒産です。もちろん救済してくれるところもあるでしょうけど。

なので賃上げはそういった倒産リスクの高い中小企業にしっかりとお金を回していき、最後に大企業が社員に還元するようなことが望ましいのではないかなと。多分ですけど、いま景気が良くなったなんて言われてますけど、中小企業にお金回ってるんですかね。アベノミクスが始まる前に散々叩かれた値段をいまは回復できているんでしょうか。注文自体は増えてそうですけど。そのアベノミクス、もっと前のリーマンショック前くらいまでの下請けへの支払う金額を戻してあげれば、多くの中小企業が助かり、中小企業の従業員の給与も増えるんじゃないでしょうか。

そうすれば景気も良くなって、まわりまわって大企業も儲かるような気がするんですけどね。もちろん大企業が給与を増やすことによって消費が刺激されるってことは分かりますし、そこらへんの中小企業の給与が上がったというよりも大企業の給与が上がった方がニュースにはなりますからねー。

経済学とか全く分からない意識低い社長が適当に書いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る