佐野研二郎さんが作った群馬県太田市美術館図書館のロゴが、一般市民の意見で撤回されそうなんだけど、こう言う時にクリエイティブ界隈の人は声を挙げればいいと思うよ

徐々に沈静化しつつある?佐野研二郎さんのオリンピックエンブレム問題。とは言え相変わらず色々なネタが提供されているのでニュースでもまだまだ佐野研二郎さんの名前を見ることができます。先日は佐野さんが各報道機関に報道に関する申し入れをしたそうで、それもまたネタとなっていたりします。

さて、佐野研二郎さんのエンブレムが発表されてからと言うもの、様々な疑惑のロゴマークが出てきました。実際、ロゴをパクったのかどうかは佐野さん本人にしか分からないのですが、そのうちの一つ群馬県太田市の「おおたBITO 太田市美術館・図書館」のロゴで動きがあったようです。

「使用中止を」7割 「おおたBITO」ロゴ 市が調査

ロゴの使用を中止し、デザインを公募すべきとの意見がおよそ7割を占めていることが7日、分かった。

上毛新聞ニュース
http://www.jomo-news.co.jp/ns/6014416412819684/news.html

太田市は当初、あのロゴは指摘されている似たようなロゴとは似ていないと言うことで仕様を続行すると発表していましたが、市民の意見を聞くということに方針を転換していました。

実際に聞いてみると7割は再公募と言う意見だったらしく。なぜ再公募したいと一般市民が思っているのかは分かりませんが、似ている似ていないの問題ではなく、やはりあれだけの騒動になり、色々と言われている人がデザインしたロゴは使いたくないのかな―と思ったりします。

なんのセンスもない一般市民の意見で何も問題のないロゴが撤回されるなんで、デザイナーさんたちの沽券にかかわると思うんですよ。本来であればオリンピックのエンブレムだって何の問題もない、とデザイナーさんたちは思っている人たちが多いと思うのでここは声を大にして太田市に美術館図書館のロゴを変える必要なし!と訴えかけるべきだと思うんですよ。

そうしないとまだ一般市民の声で素晴らしいセンスのロゴが潰されることになるわけですからね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る