スペースマーケットがなんだかどんどん普通のレンタルスペース検索サイトになってきた

スペースマーケットが面白くなくなってきた

昨年のベンチャー界隈の話題を大きく攫っていった「スペースマーケット」。球場を借りれたり、古民家を借りれたり、さらには帆船まで借りれたりとすごい面白いサイトだと思っていました。なんだか検索しているだけでわくわくするような、こんなとこも借りれるんだと。

でもさっき見てみたら、借りれるスペースがどこにでもありそうなレンタルスペースばかり増えてるんですよね。こうなってくるとそこら辺にあるレンタルスペース検索サイトとたいして変わらなくなってきています。トップページはまだ帆船や球場の写真を使っていますが、それ以外の売りがいまいち無くなって来ている感じ。

ようは凄い密度の濃い物件が検索できるサイトだったのが、普通のレンタルスペースを掲載することで密度が薄まってそこら辺にある凡百のサイトと変わらなくなってしまった。

スペースマーケットに行けば今まで借りれるわけがない、と思っていたスペースでも借りれるんじゃないか、もっともっと面白いスペースが乗っているんじゃないかと言うわくわく感がまったくもって無くなってしまいました。

なんでこんなことをしているんだろうと考えると、やっぱり売上的にまだ厳しいのかなという点と、出資を受けた影響とが考えられます。余計なおせっかいですが、人も結構増やしていて人件費もかかりだしているんじゃないでしょうか。そして出資先からも色々と言われている、のかもしれません。

多くのメディアで取り上げられていて、実際面白いサービスだと思うので、ぜひもっともっと尖がった物件を探してきて、それだけを掲載するサービスにしてほしいですね。「ケチな点棒拾う気なし」の精神でどこまでも行ってもらたいなー。ほぼ使う機会がないのにいちゃもんだけ付けてしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る