小諸そばの「二枚冷やしたぬき」は安い早い美味いの3拍子揃った昼飯です

東京で立ち食いそばと言えば「ゆで太郎」「富士そば」、そして「小諸そば」といったところでしょうか。僕はこの中でも小諸そばが一番好きで週に3日以上行っている気がします。なんといってもそばが倍になる2枚盛りを頼んでも60円アップにしかならないというその安さと、他の立ち食いそばに比べてつるつるとした食感が好きなんです。

中でも一番よく頼むのが「二枚冷やしたぬき」。これは冷たいそばの上に揚げ玉と千切りのきゅうりとかまぼこが乗っていると言うもの。普通の冷やしたぬきや大盛りの冷やしたぬきもあるのですが、2枚冷やしたぬきになると小皿に追加の揚げ玉とすりおろしたショウガが付きます。これは普通の冷やしたぬきと大盛りにはないサービス。ぜひ2枚盛りにしましょう。

そしてこれは小諸そばの素晴らしいところなのですが、ネギが食べ放題。テーブルにはネギが入った入れモノがあるので、自分の好きなだけ入れましょう。そしてもう一つ。七味も置いているのですが、他にもゆず七味が置いています。これを大量に降りかけるとまた美味しいです。あまり辛くないので、思ったより多めに入れてもいいかも。

僕の食べたとしては、まずつゆを9割がた入れた後にネギとゆず七味を大量に入れます。その後ショウガを入れてよく混ぜた後に食べます。半分くらい食べたら追加の揚げ玉を入れて、サクサク感を楽しみます。少し食べたら器にそば湯を入れて、少し残しておいたつゆを入れると、あったかいたぬきそばに早変わり!揚げ玉もふやけていい感じに食べられます。

これだけで本当にお腹いっぱいになります。でもそばだからと言ってダイエットになるかと言えばそれは微妙なところ。量も多いし、基本的に立ち食いソバはそば粉の割合が5割ないところが多く、半分以上小麦粉なのでどうしても炭水化物が増えてしまうからです。それに揚げ玉も大量ですし。

でもこれだけのボリュームで360円はかなりお得。近くに小諸そばがある方はぜひお試しを。あ、大抵の小諸そばでは持ち帰りもできると思うので、忙しい方はそちらもご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る